戻る

流山児★事務所創立20周年記念公演ファイナル 
日本・インドネシアコラボレーション企画Vol.1

『戦場のピクニック・コンダクタ』

2005年6月3日(金)〜12日(日)

舞台写真

そのピクニックには指揮者(コンダクタが必要だった。

少女が草原に落としたながい影を追い、僕たちは出発した。

そこが<音のない戦場>であることを、まだ誰も知らなかった。

 


 

【脚本】坂手洋二(1991年「ピクニック・コンダクタ」改訂書下ろし) 

【演出】流山児祥

【音楽・演奏】Yennu Ariendra (インドネシア)+KONTA

【演奏】Muhammad Arif Purwanto(インドネシア)

【振付】北村真実

【衣裳】羊屋白玉(指輪ホテル)

【出演】若松武史 KONTA 塩野谷正幸 美加理(ク・ナウカ) 保村大和 小川輝晃

伊藤弘子 横須賀智美 木内尚 小林七緒/Indah Panca(インドネシア)

瓜生正美(特別出演)

         【舞台美術】水谷雄司  【照明】沖野隆一  【音響】島猛(ステージ・オフィス)

         【舞台監督】北村雅則   【宣伝美術】サワダミユキ

         【宣伝写真】村田憲治  【制作】米山恭子

         ※平成17年度文化庁芸術創造団体重点支援事業

解説

現代演劇の旗手坂手洋二作品がついに流山児★事務所初登場。社会派と呼ばれる坂手戯曲の中でも異采を放つ1991年作『ピクニック・コンダクタ』を原作に「戦争の時代」の《家族》の物語を音楽劇として再構成。インドネシアの新鋭音楽家ヤヌー・アリエンドラを迎えインドネシアの民族音楽とKONTAのロックが交錯。若松武史、美加理といった肉体派俳優たちに加えて青年劇場の重鎮、瓜生正美氏を特別出演に迎えて贈る異色のコラボレーション。壮大なる寓話風「社会風刺劇」。

 

タイムテーブル (無事、終演しました。ありがとうございました。)

 

3(金)

4(土)

5(日)

6(月)

7(火)

8(水)

9(木)

10(金)

11(土)

12(日)

14:00

 

 

 

 

 

19:00

 

 

 

 

 

19:30

 

             

※6(月)と7(火) は 演出家・音楽家・出演者によるアフタートークがあります。

本多劇場 東京都世田谷区北沢2-10-15  03-3468-0030