2020.6.道

(photo by Huang Jiong-che)

(photo by 黃煚哲)

台湾の伝統人形劇布袋戲や牽亡歌陣と日本、台湾の俳優たちとのコラボレーションで東京の小劇場からアジアの『道』を繋ぎます。

阮劇団と流山児★事務所との出会いは2016年。台湾で失われつつある土着の言語、台湾語で「馬克白(マクベス)」を上演。彼らの拠点、台湾南部の嘉義に台湾中から集まった若い俳優たちと共に、世界に一つしかない台湾マクベスを創り上げ国際演劇祭を目指しました。

それから4年。今や台湾の演劇界の顔ともいえる阮劇団、初の日本公演です。

日本語、中国語、台湾語、英語と多言語対応で小劇場空間に日台芸術交流の新たな「道」が拓かれます。
日本の小劇場を体験したことのないあなたも、ぜひSpace早稲田に!來吧!!

日程

      2020年06月17日(水) ~ 24日(水)

会場

      スペース早稲田

演出

汪兆謙 Jhao-Cian Wang

  • 汪兆謙new.jpg
  • 阮劇団(Our theater)創設者、芸術総監督兼団長。
  • 阮劇団の独特の演劇スタイルで「大衆文化と現代演劇」のリンクの可能性を模索する。近年は民間でのフィールドワークを深めつつ、郷土と世界との接続の可能性を積極的に探る。
  • 人文科学と舞台芸術を組み合わせた台湾唯一の演劇雑誌PAR Performing Artsマガジンで2018年の台湾表演芸術界の顔「PAR People of the year」に選出。
  • 阮劇団(Our theater)・・・「阮」とは、台湾語で「私たち」という意味。私たちは1人で闘うのではなく、1つずつの物事にじっくりと取り組み、共に成し遂げる。台湾の南部の嘉義県をホームグラウンドに活動。失われつつある土着の言語・台湾語での演劇上演を行う数少ない現代演劇のカンパニーである。地域文化を現代演劇のなかに織り込み、舞台芸術と社会との関係性について思考・実践し、演劇の大衆化を目指す。

阮劇團.png



出演

A1.jpg

伊藤弘子
Hiroko Ito

A2takuheikozuIPK_0655.jpg

甲津拓平
Takuhei Kozu

a3小林七緒2010.jpg

小林七緒
Nanao Kobayashi

a4Pen-Chieh-Yu.jpg

余品潔
Pen-Chieh Yu
(阮劇団)

a5Jade-CHEN.jpg

陳守玉
Jade CHEN
(阮劇団)

Da6aiken-Lee.jpg

李冠億
Daiken Lee
(阮劇団)

a7kawamoto.jpg

川本かず子
Kazuko Kawamoto
(シアターRAKU)

asakura-yosuke.jpg

浅倉洋介
Yosuke Asakura

a9仮konnokenta-840x580.jpg

今野健太
Kenta Konno
(THEATRE MOMENTS)

布袋劇 出演

hqdefault.jpg

布袋戲 Taiwanese Glove Puppetry (Budaixi) 

台湾伝統の人形劇。土着の台湾語で演じられる布袋戲は日本統治時代に需要をまし、歴史物語や口語小説などを上演する劇団が大きく増加。1970年に黃俊雄が演じた『雲洲大儒俠史艷文』のTV放映が開始されると「放送時間には都市機能が麻痺する」ほどの評判となる。今も布袋戲専門チャンネルがあるほどの人気を誇る。


操偶師 王凱生 Edison Wang・・・義興閣掌中劇団

  • 現在、嘉義市の傑出演芸団体に選出されている義興閣掌中劇団の主演人形遣い。音楽制作も行い「布袋劇ロック・ミュージカル」を手掛け、第9回、第10回雲林人形劇金掌賞「最優秀音響効果賞」、また2018年台湾オリジナルポピュラー音楽大賞「台湾語部門」入選。


操偶師 黄僑偉 Chiao-Wei Huang ・・・集藝戲坊

  • 台湾国宝級の布袋劇の巨匠である李天禄氏より薫陶を受け、陳錫煌、李傳燦両氏に学んできた。伝統芸術の衰退を目の当たりにしながらも、なお毅然として伝統的な要素を保ち、常に越境的に芸術を取り入れ、台湾の伝統文化の美しさを人々に知らしめ、台湾独自の人形劇文化を世界の舞台へ発信している。


音楽・チェロ生演奏

skmt_suzunari-2.jpgチェロ奏者 坂本弘道 Hiromichi Sakamoto ・・・パスカルズ

  • チェロ奏者、作曲家、インプロバイザー。ダンス、映像、パフォーマンスなど多彩なジャンルのアーティストとのセッション、ソロ活動を国内外で展開。コクーン歌舞伎『盟三五大切』、シスカンパニー・日本文学シアター全作品、KERA・MAP『修道女たち』等、舞台音楽も数多く手がける。

公演スケジュール Schedule

June 6 2020
14 15 16 17 18 19 20
       19:30  19:30 14:00
19:30
 14:00
21 22 23 24 25 26 27
 14:00  19:30 14:00
19:30
 19:30      
28 29 30



             

  • 当日券の発売、整理番号の発行は開演の40分前。
  • 開場は開演20分前。
  • Box office opens 40 minutes before. Doors open 20 minutes before.



Ticket

  • ⦿チケット⦿
  • 日時指定・全席自由(税込) Unreserved seating
  • 一般 Adult …… …… …… …… …… …  ¥3,500
  • 学生、養成所、U25(25歳以下)Student・U25 … ¥2,800
  • 留学生・高校生以下 Int'l Student・U18 …… … ¥2,000

学生割引チケットのご利用は当日、学生証を提示いただきます。


  • ⦿チケット取扱い・お問合せ⦿ Contact&Reservation
  • 流山児★事務所 りゅうざんじ じむしょ
  • TEL 03-5272-1785(平日13:00~)
  • Email(有中文的对应。Available in English)
  • カルテット オンライン予約
  • [振込先] 郵便振替 00120-8-93820 流山児事務所
  • [振込先] ゆうちょ銀行〇一九店 0093820 流山児事務所





チケット予約フォーム
Online Reservation
tic1.pngtic1.png
2020年3月23日(月)予約開始!

  • ⦿プレイガイド⦿




会場 Venue

  • スペース早稲田早稲田MAP.jpg
  • 東京メトロ東西線 
  • 早稲田駅1番出口より1分
  • 中華料理「北京」の地下1階


  • 東京都新宿区早稲田町74・・・・・・・・GOOGLE MAP
  • TEL.03-5272-1785



  •  ※座席数60の小さな会場です、ご予約はお早目に。

Tokyo Tokyo FESTIVAL参加
流山児★事務所(日本)&阮劇団(台湾)
国際共同制作公演 

『道』 -The Road-

2020/6/17(wed)-24(wed)

スペース早稲田
Space WASEDA

演出:汪兆謙 (阮劇団) 
音楽・チェロ演奏:坂本弘道 
芸術監督:流山児祥


かつて、50年もの間ひとつの国であった日本と台湾。その狭間には「湾生(わんせい)」と称される台湾に生まれ、戦後に日本へ引き揚げた20万もの日本人がいました。

見知らぬ母国日本、台湾への望郷。
歴史に埋もれた故郷喪失者「湾生」の視点を軸に、私にとって故郷とは何か

日台の俳優が言語や文化を越えたアジアの死生観をめぐり「道」を越えます。



Japan and Taiwan. For fifty years they were one country. During that period, there were 200,000 Japanese people born in Taiwan, who came to be known as “Wansei,” who were repatriated after the war.

They returned to their motherland, strangers to that country and homesick for Taiwan.
Buried in history, the perspectives of these Wansei are at the center of this story that considers the individual sense of homeland.

Japanese and Taiwanese actors bridge languages and cultures to create “The Road,” a look at Asian views of life and death.

使用言語:日本語、台湾語、中国語
字幕:日本語、中国語、英語
Performance in Japanese、English、Chinese.
with Japanese、English、Chinese subtitles

スタッフ

演出:汪兆謙(阮劇団)
作:呉明倫(阮劇団)
音楽・演奏:坂本弘道(パスカルズ)
ドラマトゥルク:鴻鴻(黑眼睛跨劇団)
E-RUN(亜細亜の骨)
芸術監督:流山児祥
振付:林素蓮(小事製作)
美術・衣裳::竹内陽子
照明:奥田賢太(コローレ)
音響:島猛(ステージオフィス)
映像:陳冠宇
舞台監督:小林岳郎
演出助手:野田容瑛/ 王申冉
台湾語テキスト:盧志杰
台湾語翻訳:詹慕如
英語翻訳:田中クレア
字幕作成:山﨑理恵子(亜細亜の骨)
宣伝美術:岸本昌也
写真:黃煚哲
制作:畝部七歩

協力:亜細亜の骨、シアターRAKU、THEATRE MOMENTS、義興閣掌中劇団、黑眼睛跨劇団、小事製作、集藝戲坊

助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
財團法人國家文化藝術基金會National Culture and Arts Foundation

後援:公益財団法人日本台湾交流協会
台湾主催:阮劇団Our Theatre 
主催:一般社団法人流山児カンパニー






ACT_logo-03.jpg


國藝會-橫LOGO.png



Dtype_tokyo_festival_ol.jpgDtype_tokyo_festival_ol.jpg